適職を知る方法1

 

「適職」は、鑑定で最もリクエストが多いテーマです。

今の仕事が合っているのかどうか、これから仕事選びをするためのヒントが欲しい、など

様々な用途でお悩みのご相談を頂きます。

 

今回は、適職を知る方法1として、まずは太陽星座をご紹介します。

太陽星座は、皆さんもご存知の通り、12星座占いの星座ですね。

ホロスコープが読めなくとも、誕生日の星座ですから、非常に解りやすいシンボルです。

 

もし、誕生日が星座と星座の境目でどちらの星座か分からない方は、

こちらのサンクチュアリ出版さんのサイトが参考になると思います。

もちろんホロスコープを見れば一発で分かりますが。笑

 

さて、太陽星座というのは、やはりとても重要です。

ホロスコープでは、太陽は二重丸◎の内側の円を塗りつぶした記号です。

 

私は、このマークが、太陽星座の意味を表していると思います。

内側の丸はあなた自身です。あなたの中に埋め込まれているコアな価値観は、太陽星座の表すものです。

そして、外側の円は、あなたの周りです。あなたは、太陽星座の価値観で、社会を観ています。

 

さらに、太陽星座はだいたい26~35歳の年齢域を象徴するとされています。

 

この年齢域の前の22~25歳あたりは、社会に出て少し経ち、社会人としての振る舞いにも慣れてくる頃です。

~25歳までは、社会に揉まれ、力をつけるための期間とも言えるでしょう。

 

そして26歳~は、社会の中で自分が果たしたい役割を、自分の意志で切り拓いていく期間になります。

ここからの10年間で、あなたの太陽星座の価値観を社会人として発揮できるかどうか、がポイントになってきます。

 

太陽のパワーというのは、あなたのコアにある非常に大きなパワーです。

その大きなパワーを、社会の中で上手に活かし、自身のお仕事のスタイルを確立すること。

これが、太陽星座に期待される適職のあり方です。

 

星座別の仕事の分類については、こちらをご覧頂ければと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です