性格を知る方法3(ASC-アセンダント)

Q.自分の本質とは?

A.ASC(アセンダント)の星座を知っている事は、自分の性格を理解する上でかなり参考になります。

ASCの説明はこちら(ハウスの考え方より)

 

太陽星座、月星座に並んで、性格を表すのがASCの星座です。

ASCは、ホロスコープで正確な出生時刻から割り出さなければ分からないので、

まず自分の出生時刻が分からない人はすぐにお母さんに聞いて下さい(笑)。

 

人によっては、太陽星座や月星座よりもASCの星座の方がしっくりくるという人もいるくらい、

あなたの本質はASCの星座に関係している場合があります。

もし太陽星座も月星座もあまり納得できないと感じる場合、このASC星座を知ることで本当のあなたが分かり、謎が解けるかもしれません。

 

太陽星座が「人から見た自分」、月星座は「自分が思う自分」という説明をしました。

まず太陽星座は、あなたが人前や社会で見せる振る舞いを表すので、

例えば「人前では陽気に振る舞うけれど、一人でいるときはナイーブな面が出てくる」といったギャップが有る場合、

「陽気に振る舞う」方が太陽星座なのです。

一方、この例でいう「ナイーブな面」は月星座の表れるのが基本的な考え方です。

 

しかし、月という星には一つ大きな欠点があります。

それは「自覚しにくい」という点です。

 

月という星は、惑星の中で、最もパワーが弱い星です。

また、月自体がとても小さな星であり、かつ動きも早いので、

とても不安定で分かりにくいという特徴があります。

ですので、他のパワーの強い惑星、例えば太陽と違い、

月星座は私たちの意識に登りにくいのです。

 

ASCは、ホロスコープの説明で言うと東の地平線であり、

その地平線に登ってきた星座をASC星座とします。

ASC星座の調べるには、無料ホロスコープを使います。

 

太陽星座とASC星座が、全く違う星座の場合、

TVや雑誌等で見る12星座占いはどっちもチェックしてみるのがおすすめです。

12星座の特徴はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です